患者さんサポートセンター
0120-128-560
[受付時間]7:00〜22:00(365日)

グラクソスミスクライン株式会社

ヌーカラの使い方ペンの使い方

ヌーカラ皮下注100mgペンの特徴

ヌーカラ皮下注100mgペンの特徴図 ヌーカラ皮下注100mgペンの特徴図

ヌーカラ皮下注100mgペンは、ひと箱に1本ずつ入っています。

ヌーカラ皮下注100mgペンは、1回ごとの使い捨てです。
使用後は再使用せず、用意した廃棄袋(はいきぶくろ)に入れ、医療機関の指示に従って廃棄してください。

投与スケジュール

ヌーカラは4週間ごとに1回、皮下に注射します。

気管支喘息

通常、成人および12歳以上の小児には、
1回100mg(1ヵ所)を、
4週間ごとに1回皮下に注射します。

気管支喘息投与スケジュール図

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
(こうさんきゅうせいたはつけっかんえんせいにくげしゅしょう) (EGPA)

通常、成人には、
1回300mg(3ヵ所:1ヵ所あたり100mg)を、
4週間ごとに1回皮下に注射します。

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症投与スケジュール図

※具体的な使用期間など、投与スケジュールの詳細については、主治医におたずねください。

保存と取扱いに関する注意点

保存に関する注意

お薬の入ったペンは箱のまま必ず冷蔵庫で保存してください(冷凍しないでください)。

冷蔵庫から取り出した場合は、室温(30℃以下)で外箱に入れたまま保存し、7日以内に使用してください。

直射日光の当たる場所や高温多湿の場所に置かないでください。

お子様の手の届かないところに保存してください。

保存に関する注意

取扱いに関する注意

ヌーカラ皮下注100mgペンを振らないでください。

硬い場所に落とした場合は使用しないでください。

取扱いに関する注意

注射部位

注射する部位は「腹部」、「太もも」または「上腕(じょうわん)」注)です。

注射部位説明図
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(こうさんきゅうせいたけつけっかんえんせいにくげしゅしょう)(EGPA)に対し、3本注射する場合は、他の注射部位と5cm以上離してください。
  • 同じ箇所に繰り返し注射しないでください。
  • 皮膚(ひふ)が赤い、傷がある、硬くなっている部位には、注射しないでください。
  • おへそから約5cm以上は離してください。

注射準備

注射を始める前に…

机を拭く図

明るくて清潔な場所を確保し、机を拭きましょう。

手洗い図

石鹸(せっけん)で手をよく洗いましょう。

消毒用アルコール綿と廃棄袋の図

消毒用アルコール綿と廃棄袋(はいきぶくろ)を用意しましょう。(製品には同梱されていません)

1明るくて清潔な場所に以下のものを準備します。

ヌーカラ皮下注100mgペン

ヌーカラ皮下注100mgペン図

その他

消毒用アルコール綿と廃棄袋の図

ヌーカラ皮下注100mgペンを冷蔵庫から取り出して、箱から出し室温に置いて30分以上待ちます。(タイマーを使って30分計ります。)

30分待つ図
ヌーカラ皮下注100mgペン図
  • ヌーカラ皮下注100mgペンを電子レンジ、熱湯、直射日光などで温めないでください。
  • 箱から開封後、8時間以内に注射しなかった場合は使用しないでください。
  • 使用期限を過ぎている場合は、使用しないでください。

2薬液を確認します。

未使用の製品であることを確認します。薬液確認窓から薬液が見えず、確認窓が黄色に変わっているものはすでに使用した製品ですので、使用しないでください。

  • 薬液に濁りや粒子がみられる場合は、使用しないでください。ヌーカラ皮下注100mgペンの薬液は、無色~わずかに黄色または、わずかに褐色の澄明な液体です。いくつか気泡が入っているのは正常です。

※薬液に異常がみられた場合は、主治医、看護師または薬剤師に連絡してください。

薬液を確認図

3注射部位を選び、アルコール綿で拭いて消毒します。

アルコール綿で拭いて消毒の図
上腕に注射する図

介助者など患者さん以外の人が注射する場合は、上腕(じょうわん)に注射することもできます。

※注射部位の詳細についてはこちらをご覧ください。

  • 石鹸(せっけん)で手をよく洗ってから行ってください。
  • 消毒した部位は、再度手が触れないよう注意してください。

4透明な針キャップをはずします。

透明な針キャップをはずす図
  • 針キャップをはずしたあとは、速やかに使用してください。
  • 針キャップをはずしたあとは、再度キャップをしないでください。
    (針刺し事故のほか、針曲がりや針折れにつながるおそれがあります。)
  • 黄色い安全カバーを指で押さないでください。

注射方法(お腹・太ももに注射する場合)

1注射部位にペン本体を押しあて、確認窓が黄色に変わるまでそのまま待ちます。

注射方法図

① 薬液確認窓が見えるようにペン本体を持ちます。注射部位に対して直角になるよう黄色い安全カバーを軽くあてます。

  • 注射部位に直角になれば、体格によって皮膚(ひふ)をつまむ必要はありません。
注射方法図

注射開始

② 注射部位にペン本体の黄色い安全カバーが見えなくなるまで深く押しあてます。

注射方法図

注入開始(約15秒)

③「カチッ」と音がすると、薬液の注入が始まり、薬液確認窓の中を黄色の確認バーが動き始めます。薬液の注入が完了するまでに約15秒かかります。

  • 少しチクッとしますが、痛みを感じても薬液の注入が終わるまでペン本体を押しあてたまま、注射部位から絶対に離さないでください。
注射方法図

注入終了(5秒間待つ)

④ 薬液の注入が終了すると、2回目の「カチッ」という音がします。確認窓が黄色に変わることによって、注入終了を確認できます。

注射方法図

注射終了

⑤ 薬液の注入終了後、5秒間待ってから、ペン本体を注射部位から離します。つまんでいた皮膚を放します。

2注射部位を軽くおさえます。

注射方法図

① 注射部位をアルコール綿で軽くおさえます。

② アルコール綿をはずして、注射部位から血が出ていないことを確認して、注射は終了です。

  • 腫れることがありますので、注射部位をもまないでください。

注射方法〔上腕(じょうわん)に注射する場合〕

介助者など患者さん以外の人が注射する場合は、上腕(じょうわん)に注射することもできます。

1注射部位にペン本体を押しあて、確認窓が黄色に変わるまでそのまま待ちます。

注射方法図

① 薬液確認窓が見えるようにペン本体を持ちます。注射部位に対して直角になるよう黄色い安全カバーを軽くあてます。

  • 注射部位に直角になるように押しあててください。皮下脂肪が少ない(やせた)方など、患者さんの体格に応じて皮膚(ひふ)を軽くつまんで押しあてることもできます。
に注射する場合

注射開始

② 注射部位にペン本体の黄色い安全カバーが見えなくなるまで深く押しあてます。

に注射する場合

注入開始(約15秒)

③「カチッ」と音がすると、薬液の注入が始まり、薬液確認窓の中を黄色の確認バーが動き始めます。薬液の注入が完了するまでに約15秒かかります。

  • 薬液の注入が終わるまでペン本体を押しあてたまま、注射部位から絶対に離さないでください。
に注射する場合

注入終了(5秒間待つ)

④ 薬液の注入が終了すると、2回目の「カチッ」という音がします。確認窓が黄色に変わることによって、注入終了を確認できます。

に注射する場合

注射終了

⑤ 薬液の注入終了後、5秒間待ってから、ペン本体を注射部位から離します。

2注射部位を軽くおさえます。

に注射する場合

① 注射部位をアルコール綿で軽くおさえます。

② アルコール綿をはずして、注射部位から血が出ていないことを確認して、注射は終了です。

  • 腫れることがありますので、注射部位をもまないでください。

注射が終わったら

ヌーカラ皮下注100mgペンは、1回ごとの使い捨てです。
使用後は再使用せず、用意した廃棄袋(はいきぶくろ)に入れ、医療機関の指示に従って廃棄してください。

針キャップはペン本体に取り付けず、廃棄袋に入れてください。

ペン本体を分解しないでください。

  • 使用済みのペン本体は医療廃棄物(いりょうはいきぶつ)です。
    絶対に自己判断で廃棄せず、医療機関の指示に従って廃棄してください。
  • お子様が触れないように注意してください。
注射が終わったら

記録をつける

ヌーカラ皮下注100mgペンを使い始めた日から、注射した日や、問題なく注射ができたかどうか、その日の体調、そのほか気づいたことなどを記録しておきましょう。体調管理や副作用の早期発見などに役立ちます。
通院時には忘れずに記録帳を持参しましょう。

記録帳
記録をつける人

ご利用上の注意

このページに掲載されている情報は、医療機関で弊社医療用医薬品の処方を受けた方に、医薬品についての一般的な情報や、適正にご使用いただくための情報を提供するものであり、医学的アドバイスを提供するものではありません。
医療に関する判断は、患者さんの特性を考慮し、医師と患者さんとの相談の上で行うものです。治療上の質問は、医師にご相談下さい。
このページに掲載されている情報は、日本国内に居住されている方のためのものです。
このページに掲載されている情報は、弊社医療用医薬品の処方を受けた方のためのものですので、リンクはお控え下さい。

ページトップへ戻る